賃貸を探している方必読、失敗しない賃貸物件選びは商談で決まる!!

賃貸物件を選ぶ時は契約を細かく確認

賃貸物件を選ぶ時は毎月の家賃や部屋の間取りだけを確認するのではなく、部屋の契約期間やその違約金の設定など契約の細かいところまで確認する事が大切です。入居前は部屋の間取りや月の家賃の方を気にしがちですが、退去時の費用の事も確認しておかないと急に退去する事になった場合などに予想以上の違約金がかかってしまう事があります。違約金がかかる期間を過ぎた場合でも退去の連絡をするのは最低でも一カ月前など期間が定められている場合もあるので、退去時にトラブルにならないように確認しなくてはなりません。また違約金だけでなく退去時に必要になるクリーニングなどの費用についても後で困らないように部屋を選ぶ段階で不動産業者にしっかり確認しておくべきです。

特定の時間帯だけで判断しない

賃貸住宅を選ぶ時は不動産業者に候補を紹介してもらって実際に物件を見に行って選ぶのが一般的です。しかし時間帯や天候によってはその物件のメリットやデメリットが正確に把握できない事があるので、様々な条件下でその物件の環境を確認する事が大切です。例えば休日に物件を見に行って周辺環境にも恵まれた物件だと思って契約したものの平日は周辺に工場などがあって騒音や周辺の交通量が増えて思っていたより住環境が良くなかったというケースもあります。このように入居後に物件のデメリットに気づいて後悔しないように複数の条件でその物件を評価して選ぶと良いです。特に周辺環境は時間や曜日によって大きく変化する事があるので、特に注意が必要です。